WordPerss

WordPress初心者がテーマを選ぶ基準にするべきポイント5選

WordPress初心者がテーマを選ぶ基準にするポイント5選

こんにちは。SHINです♪

 

WordPressテーマ数は、今や無限に近いほど存在しますよね。

「これからWordPerssを始めたい!」ってあなたに、テーマを選ぶためのポイントを5つお伝えします。逆に、このポイント以外の選定項目を増やしてしまうとキリがないと思ってます。

 

ブログやサイトを立ち上げた当初で、一番優先すべきは記事(コンテンツ)をストックしていくことです。

WordPressテーマを選ぶことに悩む気持ちは分かります。僕も当初はかなり悩みましたからね・・。でもブログを立ち上げてから、テーマを選ぶ時間を記事執筆に回せばよかったと、今は後悔・・・。

 

ただWordPress初心者だからこそ選ぶべきポイントを厳選してお話しますので、このポイントだけを抑えて決めたら良いです。

こんな方におすすめ

  • WordPress初心者がテーマを選ぶ基準を知りたい!

 

テーマを選ぶポイントがなぜ5つだけなの?

結論から言うと、機能を使いこなせないから。ホントこれに尽きるを思います。

 

例えば、「ヘッダーに動画を埋め込めるテーマ」「トップページに投稿記事をスライダー表示できる」「1カラムLPをフルワイドで作れる」などなど。

こういった機能をウリにしているテーマはたくさんありますけど、僕ですらまだ使いこなせてません(笑)

 

もちろん機能が充実していることに越したことはないですけど、こういった見た目のカッコよさに憧れてテーマを選ぶのは危険。手にしてからほぼ思うようには使いこなせないのが関の山ですよ。きっと。

 

WordPressを始める頃の段階は、もっと「シンプル」でいいと思ってます。

つまり手を加えずしてカスタマイズが出来て、テーマに合うデザイン性で、テーマ情報がウェブ上に豊富なのが一番おすすめ出来ます♪

では詳しく見ていきましょう。

 

WordPress初心者がテーマを選ぶときに見るべきポイント5選

1.ウェブ上の情報量が豊富なテーマ

ウェブ上の情報量が豊富なテーマ

WordPressで記事を書きながらいろんな作業をこなしていくことで、たくさんスキルが身に付いていきます。

この基本的なWordPressを使うスキルが身に付くまで、使うテーマに「あらゆるマニュアル情報」がウェブ上にあると無いとでは、作業時間に雲泥の差が生まれます。

 

この情報というのは、デモサイト情報からテーマの初期設定方法であったり、HTMLやCSSなどのソースコード記述であったり、レイアウトやカスタマイズ情報であったり。テーマを使い始めの頃、こういった情報は非常に助かりますよね。

 

情報が多いか少ないかは、単純に検索エンジンで「○○テーマ + ○○」と何通りか入力をしてヒットするサイト数を参考にしてみると良いです。

また有料テーマであるなら、販売元公式サイトにマニュアルページがあるかorサポートフォーラムなど設けているか確認してみると良いですね。

 

2.レスポンシブに対応しているテーマ

レスポンシブ

レスポンシブというのは、パソコンだけでなく「タブレット」や「スマホ」などのデバイスでも、縦横にテキストや画像がはみ出ることなくキレイに表示してくれることを言います。

ちなみにデバイスシェアは、2017年にパソコンをついにスマホが抜いています。ネット閲覧デバイストップはスマホの時代に移行してきたわけです。

 

なので、パソコンだけでなくスマホでも閲覧できるレスポンシブ対応のテーマでないと「絶対ダメ」って断言できるほど重要です。

 

レスポンシブ対応の可否を調べる簡単な方法は・・・

ポイント

  • テーマ紹介でレスポンシブ対応であるかを確認する
  • デモサイトを各デバイスで表示してみる
  • Google chromeの「デペロッパーツール」を使って表示してみる
  • テーマ「カスタマイズ」画面の左メニュー最下部にあるデバイスアイコンで表示してみる

この辺りで確認できます。絶対に「レスポンシブ対応」選びましょう。

 

3.簡単にカスタマイズできるテーマ

簡単にカスタマイズできるテーマ

ここで言うカスタマイズ性というのは、豊富さではなく「簡単さ」という意味です。

 

文字装飾やレイアウト、配色、広告配置、SNSなど。自分で「こうしたい!」というデザインってありますよね。

でもHTMLやCSSのソースコードを記述したり削除したりするくらいなら、設定ひとつでいろんなデザインに変えられるに越したことはないし、何より「時短になる」というのが最大のメリット。

 

ウェブ上で「○○テーマ + カスタマイズ」などで検索して、自分好みのカスタマイズが簡単にできるかどうか調べてみるのが良いですね。

 

4.SEOに強いテーマ

SEOに強いテーマ

SEOって「見えない」モノなので、僕が苦手な分野のひとつですが(汗)姿や形のない影だけの存在って思ってます。

陽がのぼり、姿形のあるモノの影は「常に変化する」といった比喩ですかね。ウェブ上で調べても「これは明確なSEO」という情報はありません。

 

でも「SEOに有利である」というのは存在します。WordPressテーマで言うなら以下です。

ポイント

  • 表示速度が速いテーマ
  • モバイルフレンドリー値が高いテーマ
  • 内部リンク構造最適化するパンくずリスト搭載
  • AMP対応しているテーマ
  • 解析ツールが導入されているテーマ

この辺りが、SEOに最適化されたテーマだなと思っています。

 

このSEOポイントを全て備えたテーマってなかなかありません。ただ強いて言うと、上から3つまでのポイントは押さえておきたいところです。

 

5.ユーザービリティを考えたテーマ

ユーザービリティを考えたテーマ

テーマで言う「ユーザービリティ」とはなにか?

参考

  • 目的達成度・・・サイト訪問者に目的を達成してもらえたか
  • 効率度・・・サイト訪問者が目的を達成してもらえるまでの要した時間が最短であるか
  • 満足度・・・コンテンツ、レイアウト、デザイン、サイト内の回遊しやすさなど総合的な満足感

サイト訪問者へ与えるべきユーザービリティの大きな要素は、この3つと考えています。

 

テーマで言えば「見やすさ・読みやすさ・サイト内導線の良さ」かなと。これを更に分かりやすくテーマに置き換えてみると・・・

ポイント

  • 見やすさ・・・シンプルで見やすいレイアウト。1カラムか2カラムなど。
  • 読みやすさ・・・フォント種類と大きさ。文字装飾や背景色など。
  • サイト内導線の良さ・・・トップページから目的ページまで階層整理など。

サイトテーマによってもユーザービリティは変わってくると思いますけど、結論「シンプル」であるというのが一番かなって思ってます。

ごちゃごちゃしたデザインであったり、あまり見ないフォントであったり、もっと記事を読みたいのに関連記事やおすすめ記事などを告知していなかったり。

 

訪問者としてテーマを視察してみるって視点で選ぶことも、大切なポイントですよね。

 

まとめ

これからWordPress初心者の方に、選ぶポイントは「5つ」というお話でした。本当にこれだけを基準に選べば十分です。

ポイント

  1. ウェブ上の情報量が豊富なテーマ
  2. レスポンシブに対応しているテーマ
  3. 簡単にカスタマイズできるテーマ
  4. SEOに強いテーマ
  5. ユーザービリティを考えたテーマ

ちなみに、テーマは後で変更も出来ますので、テーマ選びにはあまり時間を掛けずに、記事を書く時間に回していきましょうね♪

ではまた(o´▽`)ノ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SHIN

SHIN

WordPressテーマ研究家のSHINです。WPテーマとコーヒーをこよなく愛し、日々マウスをカチカチ!キーボードをパチパチ!しながら研究をしている人。

-WordPerss
-,

Copyright© WordPress theme NAVI , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.