初心者講座

【初心者向け】WordPressのテーマをインストールする方法と注意点

alt=WordPressテーマ-インストール設定

WordPressをコーティングする上で「テーマ」は欠かせないものですよね。

今回WordPressでテーマをインストールする2つの方法と、簡単な設定方法を詳しく解説していきます。またインストール作業によるトラブルシューティングの解説もしておりますので、万が一エラー等発生した場合にも参考にされてください。

WordPressテーマ研究家SHINです。

 

WordPressテーマをインストールする方法は以下2つがあります。

  • WordPress公式ページに登録されている無料テーマからインストールする方法
  • 外部よりzipファイルをダウンロードしてインストールする方法

それぞれ分かりやすく手順を解説していきますので、一緒に進めていきましょう。

 

WordPress公式テーマをインストールする方法

WordPressの公式サイトより、好きなテーマを選んでインストールする方法です。

このディレクトリ内にあるテーマは、全て無料でインストールできますし、何より全て「安全なテーマ」として担保されて掲載しているので安心してインストールしてください。

 

step
1
WordPressにログインした後、ダッシュボードより「外観」>「テーマ」と進みます。

alt=WordPress-ディレクトリテーマ-インストール

 

step
2
次にテーマの「新規追加」をクリックして進みます。

alt=WordPress-ディレクトリテーマ-インストール2

 

step
3
テーマは「注目」「人気」「最新」のカテゴリから選択する方法と「特徴フィルター」で条件を絞って検索して選ぶ方法があります。また注目の左にある数字は表示しているテーマ数」になります。

alt=WordPress-ディレクトリテーマ-インストール3

特徴フィルターカテゴリ群

alt=WordPress-ディレクトリテーマ-特徴フィルター

SHIN
サイトテーマで選ぶ「題名」、テーマが実装している「機能」、テーマのデザインで選択する「レイアウト」のカテゴリで絞って選択できますよ。

もちろん掛け合わせて絞るのもOK。

 

step
4
気になるテーマを決めたら、インストールする前に「プレビュー」をクリックしましょう。そのテーマをインストールした後のデモサイトを確認できます。

alt=WordPress-ディレクトリテーマ-インストール4

確認ポイント

プレビューからは主に「デザイン」をはじめ、簡単な機能も確認できます。

デザインがイメージと違うこともあるので、プレビューでデモサイトを確認してからインストールしましょう。

 

step
5
デモサイトでインストールを決めたら、一覧画面に戻って「インストール」をクリックして、完了したら「有効化」をクリックします。

alt=WordPress-ディレクトリテーマ-インストール5

 

step
6
有効化するとテーマのインストールは完了です。自動的にWordPressダッシュボードに戻り、インストールしたテーマの使い方や説明、おすすめの設定やプラグインの紹介などインフォメーションもあるので、こちらも1つずつ確認していきましょう。

alt=WordPress-ディレクトリテーマ-説明

alt=WordPress-ディレクトリテーマ-説明2

 

 

WordPressテーマをzipファイルでインストールする方法

WordPressテーマを公式ディレクトリ以外から、zipファイルでインストールする方法を解説していきます。

注意

zipファイルでテーマをインストールする場合、注意しておきたいのが「悪意あるテーマ」です。

WordPressテーマは、ソースコードが書かれた各PHPファイルによって構築されています。そのソースコードに意図的で悪意あるコードが書かれている極めて悪質なテーマも存在します。特に気を付けておきたいのは「海外サイトから無料でダウンロード提供しているテーマ」ですね。

悪意のあるテーマであるか否かは、正直ソースコードに関する知識がないと判断が非常に困難です。またセキュリティー強化する場合にも、テーマのファイルへソースコード追記しなければいけないため、WordPress初心者にはとても難易度が高いです。

結論、zipファイルでテーマをインストールする場合は・・・

  • 海外テーマの場合、公式サイトやネット上のユーザー数・評価・口コミなど十分に確認してから選ぶ
  • 国産(日本製)の有料テーマ、もしくは知名度が高い・ユーザー数が多い・評判が良い無料テーマを選ぶ

この2パターンから選んでいきましょう。

ちょっと怖いお話でしたが、この2パターンからテーマを選べば不安要素は皆無なので、安心してzipファイルからインストールしてください。

 

step
1
WordPressにログインした後、ダッシュボードより「外観」>「テーマ」と進みます。

alt=WordPress-ディレクトリテーマ-インストール

 

step
2
次にテーマの「新規追加」をクリックして進みます。

alt=WordPress-ディレクトリテーマ-インストール2

 

step
3
「テーマのアップロード」をクリックし、ファイルを選択でテーマのzipファイルを入れて「今すぐインストール」をクリックします。

alt=WordPressテーマ-zipファイル-インストール

alt=WordPressテーマ-zipファイル-インストール2

注意

ファイルの中身を開いてアップロードしてしまうとエラーになるので、解凍せずそのままの状態でインストールしましょう。

また「子テーマ(zipファイル名:○○○○-child)」があるテーマの場合は、一緒にインストールしておきます。

alt=WordPressテーマ-zipファイル-インストール3

zipファイルをアップロードしてインストールをしたら、画面が切り替わるので「有効化」をして完了です。

※こちらも「子テーマ」があるテーマの場合は、子テーマを有効化しましょう(理由は後述しています)

 

また、インストールしたテーマが最新バージョンであるかを確認しておきましょう。万が一古いバージョンだった場合、zipファイルダウンロード先や公式サイトで最新バージョンに更新しておきましょう。

alt=WordPressテーマ-バージョン確認

alt=WordPressテーマ-バージョン確認2

 

テーマをカスタマイズするなら「子テーマ」を運用

これまで解説してインストールしたテーマは、全てのPHPファイルが備わったテーマ「親テーマ」と言われるものです。

この親テーマは定期的なバージョンアップ(更新)があります。そこで自分好みでデザインやカラー、レイアウトなどをカスタマイズした場合は「更新時に上書き」されるため、元に戻るというデメリットがあります。

 

親テーマで更新した場合

alt=WordPress-カスタマイズ後

 

そこで活躍するのが、親テーマの中にあるPHPファイル「style.css」「functions.php」という2つのPHPファイルで構成された「子テーマ」です。

子テーマを有効化してカスタマイズをすれば、親テーマがバージョンアップしても「カスタマイズはそのままの状態」で更新ができるのです。

 

子テーマで更新した場合

alt=WordPress-カスタマイズ後2

 

ただし、親テーマはあっても子テーマが存在しないWordPressテーマもあります。例えば、WordPress公式ディレクトリ内のテーマや、一部の無料テーマなど。

ちなみに有料テーマ(購入するテーマ)では、ほぼ親テーマと子テーマがセットでダウンロードできますので、子テーマが存在するWordPressテーマでは、カスタマイズがリセットされない子テーマを有効化しましょう。

 

では「子テーマがないWordPressテーマでは、カスタマイズしてもムダなの?」と思いますよね。たしかに親テーマのみで、カスタマイズしてから更新バージョンアップをすればリセットされてしまう可能性はあります。

そこで、子テーマを自動で作成してくれるプラグインや「FFFTP」や「FileZilla」などのFTPソフトを利用して、自分で子テーマを作成する手はあります。が、ある程度作業に慣れていないと挫折してしまうほど難易度が高いです…。

特にWordPress初心者の方には、僕は絶対におすすめしません

というのは、WordPressをはじめる段階ではサイトに訪れてくれる人がいません。カスタマイズはただの「自己満足」に過ぎない作業になってしまうのがオチです。

 

それより何より「記事(コンテンツ)を書く」という作業が大切なので、子テーマのないWordPressテーマを選んだ場合は、カスタマイズは必要最低限にして記事を書くことに集中していきましょう。

 

WordPressテーマをインストール後に良くあるトラブルシューティング

良くあるパターンを5つ載せていますので、こちらも参照してみてください。

+←CLICK Q.インストールする前に確認したデモサイトとデザインが違うのは?

デモサイトでは、キレイに魅せるためイラストや写真画像を使ってデザインを整えています。基本的な機能やレイアウトはデモサイトと変わらないはずなので、ヘッダーやフッターなどへは画像を用意する必要があります。

+←CLICK Q.テーマにライセンスキーがありますけど、複数のサイトで併用できますか?

テーマライセンスには「100% GPLライセンス」と「スプリット・ライセンス」の2種類あり、前者であれば複数無制限にテーマ使用できるものの、後者であると1サイト1テーマという規定があります。

詳しくは、テーマダウンロードサイトなどで「利用許諾条件」を参照して確認する必要があります。

+←CLICK Q.公式ディレクトリからテーマをプレビューするとデザインが型崩れするのは?

サイトデータ(インストール済のプラグインやショートコードを使用した記事など)と干渉している可能性が高いです。全くデータのないサイト(テーマも実装していない)であれば、正常なプレビューデザインが表示されるはずです。

+←CLICK Q.「style.css が含まれてない」と表示されインストールできない。

WordPressテーマにおいて「style.css」は必須中の必須ファイル。このファイルがなければテーマと言えないレベルなので、テーマ自体ホワイトで健全であるか確認する方が正しいかも知れませんね。

+←CLICK Q.テーマJin、Cocoon、Luxerotasなど追加したものの検索で出てこないのは?

これらテーマはディレクトリに掲載しない「外部テーマ」になるので、それぞれ検索エンジンでテーマ名検索をすれば公式サイトにアクセスできます。そこでzipファイルをダウンロードして、WordPressでアップロードからインストールします。

ごく一部のQA内容ですが、違うパターンでトラブルやエラーが生じた場合は検索エンジンやYahoo!知恵袋や教えてgooなどのお悩み相談サイトを参照してみると、解決できることが多いです。

そこでも解決できなければ、このサイトでも受け付けますので、お答えできる範囲で回答させていただきます。

 

まとめ

今回はWordPressテーマのインストール方法、カスタマイズによる子テーマの運用、テーマインストール時のトラブルシューティングQAのご紹介でした。

WordPressテーマは、公式ディレクトリや外部テーマを併せれば無数に近いほど存在するため、いわゆる「野良テーマ」にような怪しいテーマではなく、口コミや評判情報をしっかり確認してインストールしましょう。

 

おすすめ記事
alt=【2020最新版】圧倒的に優秀なWordPress国産おすすめ無料テーマ4選
【2020最新版】圧倒的に優秀なWordPress国産おすすめ無料テーマ4選+α

WordPressテーマは本来圧倒的な作業時短のため「有料テーマ」をおすすめしています。ただWordPressを初めて使う初心者の方には、むしろ慣れるまで有料テーマ並みの優秀な「無料テーマ」をおすすめ ...

おすすめ記事
alt=2020 WordPress おすすめ 有料テーマ9
【2020年最高傑作版】WordPress厳選おすすめ有料テーマ9選!徹底比較!

WordPressの有料テーマを比較して選ぶことに悩むのは、このページがきっと最後になるので"じっくり"とご覧ください。 今回2020年最新版として、WordPress有料テーマの中でも圧倒的な人気を ...

\ 記事はお役に立ちましたか? /

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SHIN

SHIN

WordPressテーマ研究家のSHINです。WPテーマとコーヒーをこよなく愛し、日々マウスをカチカチ!キーボードをパチパチ!しながら研究をしている人。

-初心者講座

© 2020 WordPress theme NAVI