便利ツール 初心者講座

【初心者向け】穴埋め式テンプレで誰でもわかるリード文の書き方

alt=記事 リード文 書き方

リード文は、読者が記事で最初に読む導入文ですよね。そこで、リード文は以下2点を明確に短文で要約して書くことが大切です。

リード文で伝えるべき2つのポイント

  • 記事に書かれている重要なポイント(要素)を書き記す。
  • 記事を読むことで得られるメリット(ベネフィット)を明確に伝える。

こんにちは。WordPressテーマ研究家SHINです。

 

記事のリード文は、読者に記事本文に読み進めてもらうための布石です。

とは言うものの「リード文って何を書いたら良いの?」という疑問、特に記事を書き慣れていない初心者の方には多いと思います。

そこで今回は、初心者の方はもちろん誰でも書けるように「穴埋め式のテンプレ」を使い、例文も入れながらリード文の書き方について詳しく解説していきます。

 

リード文を書くポイントは以下3点。

  1. リード文を書く前に知っておくべき6つのこと
  2. リード文を書く2つのポイント
  3. 穴埋めテンプレを使ってリード文を書く(実践)

初心者の方でも慣れてしまえばスラスラ書けるようになりますので、ぜひリード文をマスターしていきましょう。

 

リード文を書く前に知っておきたい6つのこと

alt=リード文-知っておくこと-6

まずリード文を書く前に、知っておきたいことを確認していきましょう。

リード文で知っておきたい6つのこと

  • 記事に書いた重要なポイントをピックアップして要約しながら書く。
  • 読者が記事を読むことで得るメリット(ベネフィット)は何かを強調して書く。
  • あいまいな情報やアバウトなことは書かない。
  • 読者を惹きつける要素を盛り込む。
  • プラス効果専門性(権威性)があればサラッと入れると信頼感が違う。
  • プラス効果難しい× 簡単◎ のように敷居を下げて誰でもできることを伝える。

それぞれ簡単にお伝えしていきます。

この知っておくべきことを意識して書けば、より読者の心を掴めるリード文が書けるようになります。

 

記事本文の重要なポイントだけを書く

記事全体を通して、読者に本当に伝えたい・読者が知りたいであろう部分をピックアップしてリード文へ書き出していきましょう。

記事に対して「これは知りたい!」と思える内容で、分かりやすく要約して書くことがポイントです。ただ文字数が多くなったり、同じ文面を繰り返さないように注意しておきましょう。

 

ココがPoint!

SHIN
記事のポイントをピックアップして「箇条書き」にしておくと、書くべきことがより明確になるのでおすすめですよ。

 

記事を読んだ読者が得られるベネフィットを書く

alt=読者-ベネフィット

リード文では、実はこの読者が得られるベネフィットとは何か?という部分が一番重要になります。

読者は「知りたい情報をいち早く手に入れたい」というのが本音です。

なので、記事を読むことで「〇〇ができるようになります」「〇〇が解消されます」というように、読者が求めている情報欲求を満たしますという内容で書くことがポイントです。

 

曖昧・抽象・大まかな内容は書かない

控えるべきワード6選

  • 多分〇〇です。
  • だいたい〇〇なことが多いです。
  • 予想では〇〇です。
  • 〇〇になる予感がします。
  • 恐らく〇〇です。
  • 〇〇くらいです。

リード文から曖昧で抽象的で大雑把な文言は「信憑しんぴょう性が薄いな…」「信頼性なさそう…」というように、記事に対して不安を持ってしまい離脱する可能性が非常に高くなります。つまり「雑な記事」という印象を与え兼ねません。

読者に対してタブーでしかないので、書かないようにしましょう。

 

読者を惹きつける要素を書く

このポイントは、読者の思い込みや概念を真っ向から反論してあげることです。

例えば・・・

あきら
Googleキーワードプランナーって分析が難しそう・・
〇〇を伸ばしたいなら見るべきポイントは〇〇だけだよ!
SHIN

 

かおり
自宅でヨガダイエットするのってスペースが無いとね・・
自宅でも2畳分のスペースがあれば十分ヨガができるよ!
SHIN

 

読者の不安要素や固定概念を払拭してあげるのがポイント。読者から「えっ!?そうなの!?」と聞こえてくるようなイメージで書くと、より「知りたい!」となるのが人の性。

ここで読者の心を掴めれば、記事を集中して読んでもらえる確率はグンと上がります。

 

専門性や権威性は読者に信頼感が生まれる

資格や経験値や実績などをリード文で紹介するだけで、記事に対する「信頼感」はグンと上がります。もちろんウソはいけませんよ(笑)

ちょっと例を紹介すると・・・

資格記事「現役引退後の資産構築方法」 → ライター「ファイナンシャルプランナー」

経験記事「1ヵ月で10㎏痩せるダイエット法」 → ライター「3ヵ月で50㎏ダイエット成功者」

実績記事「フォロワーの増やし方」 → ライター「フォロワー数20,000人」

特にアピールできるものとして、資格・経験・実績の3つは非常に効果的です。

 

簡単で即効性があって効果テキメン

読者を惹きつける要素に似たポイント。

「そんな簡単に!?」「そんな短期間で!?」「そこまで効果があるの!?」という3大要素を書き、簡単ですぐに効果があるってなに!?知りたい!という心理を突いて、記事に対して興味を持ってもらえるようにするテクニックです。

もちろん実際に根拠に基づいて筋が通っていることが大前提ですけど、記事本文に興味を持って読み進めてくれる可能性は大きく上がります。

 

リード文を書く2つのポイント

alt=リード文-書く-ポイント

では次に、リード文のコーティング過程の話を進めていきます。

 

リード文は記事を書き上げてから書く

記事は、執筆前にきちんと構成を組み立てますよね。

そこでリード文は、記事本文を書き上げてから書きます。理由は、記事本文との整合性を合致されるためと記事に書いたポイントを後でリストアップするためです。

先にリード文を書き始めてしまうと、本文と整合性がズレる可能性が高くなるし、極めて重要なポイントを書いているにも関わらず、リード文に入れていないということが発生しやすくなります。

 

ちなみに記事を執筆する上でリード文を書くタイミングは・・・

記事を書き上げる手順

  1. キーワード選定
  2. 競合サイトリサーチ
  3. 記事の見出し書き出し
  4. 見出し内箇条書き
  5. 記事本文執筆
  6. リード文の書き出し
  7. メタディスクリプションの書き出し
  8. 記事タイトルを付ける

リード文は、記事を書き上げる終盤部分で書いていきます。

こうすることで、記事本文と整合性が合致して記事のポイントも書き逃さなくなりますので、ぜひ実践してみて下さい。

 

※SEO対策を意識した記事構成の組み立て方はこちらを参考にされてください

alt=seo対策-記事-書き方
【SEO対策】キーワード選定と競合リサーチで検索上位を狙う記事の書き方

記事を丹精込めて執筆しているのに検索結果で上位表示されない・・・原因不明で自己解決できずに悩んでいませんか? こんにちは。WordPressテーマ研究家SHINです。   まず大前提として認 ...

続きを見る

 

リード文はできる限り短くショートにまとめる

リード文は、この記事でいうリード文でも伝えたとおり・・・

リード文で伝えるべき2つのポイント

  • 記事に書かれている重要なポイント(要素)を書き記す。
  • 記事を読むことで得られるメリット(ベネフィット)を明確に伝える。

最低でもこのポイントだけはしっかりと書いて読者に伝えれば良いので、ダラダラ長く書く必要のない部分です。

目安としては「約150文字~300文字程度」で書けると、読者もスッと入ってきます。

あくまで記事の重点的な概要と、記事を読むことでのメリット(ベネフィット)を伝えることが、リード文の役割です。

 

穴埋め式テンプレでリード文を書いてみよう

alt=リード文-穴埋めテンプレ

ではさっそく穴埋めテンプレートで書いていきましょう。

記事の内容にもよるので、以下でまとめた内容全てを書き出す必要はありません。

ただ赤太字は「絶対書く」太字は「書くべき」としているので、文字数を考えながら書くべきことを先に書き、肉付けで他のカテゴリを追加していくとまとまります。

リード文に書くカテゴリ具体的に書く内容
読者はどんな情報を知りたいのか?悩み・願望・課題・理想などを書く
読者との距離を縮めていく読者の思いや感情に寄り添い共感することを書く
読者の先入観や固定概念をくつがえ○○だと思いますか?いえ、○○ではなく○○です
記事本文に書いている要点記事本文に書いている重要なポイントを書く
読者にメリットになることは?記事を読むベネフィットは何かを書く
穴埋めテンプレExcelシート DL

 

ではサンプルをご紹介していきます。

サンプルリード文

アドセンス広告が圧倒的にクリックされる5つのブロックとは?

読者が知りたい情報ブログにアドセンス広告を貼っているものの、クリック率が悪く収益に伸び悩んでいませんか?

読者に共感する僕も初心者当初は、広告を貼るブロックが分からずに想像をはるかに下回るような収益が続いていました。ですので、分からなくて当たり前って思って大丈夫です。

先入観・概念を覆すでは広告クリック率って実際どのくらいあると思いますか?「1%くらい・・・」何も考えなければ、このくらいのクリック率ですね。ですが、簡単に6%以上に引き上げられます。

記事本文のポイントこの秘密は「広告の種類」「広告を貼る場所」「自動広告の設定」のたった3つのポイントだけです。

読者のメリットこの3つのコツさえ掴めれば、どんなブログにも通用するのでぜひ試されて下さい。

アドセンス広告で収益を最大化していきましょう。

SHIN
あくまで基本としたリード文です。

読者が記事へたどり着き、記事を最後まで読んでくれるか?というのは、リード文にかかっていると言えるくらい大切なところです。もちろん「人」が読むので、ここにSEOなど小手先戦法は効きませんからね。

 

まとめ

記事でいうリード文を「知っておくべき6つのこと」「書く2つのポイント」「穴埋めテンプレ例文」に分けて解説しましたが、いかがでしたか?

丹精込めて書いた記事を最後まで読んでもらえるように、読者の心を掴むリード文にも力を入れていきましょう。

\ 記事はお役に立ちましたか? /

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SHIN

SHIN

WordPressテーマ研究家のSHINです。WPテーマとコーヒーをこよなく愛し、日々マウスをカチカチ!キーボードをパチパチ!しながら研究をしている人。

-便利ツール, 初心者講座

© 2020 WordPress theme NAVI