レンタルサーバー

【2019最新版】WordPress初心者に厳選したレンタルサーバー3社徹底比較

alt=【2019最新版】WordPress初心者に厳選したレンタルサーバー3社徹底比較

WordPressでブログに必要なものの1つがレンタルサーバー。数あるレンタルサーバーの中で、いろんな要素を考えると迷いますよね。

こんにちは。WordPressテーマ研究家SHINです。

 

WordPressでブログをこれから始めたい方は、レンタルサーバーも初めて利用することと思います。

そこで、僕が経験上ブログを始めた当初から今にかけてレンタルサーバーに「必要なサービス」と考えているポイントはこちら。

レンタルサーバーを選ぶポイント

  • 電話によるサポートがある
  • 管理画面が見やすく分かりやすい
  • Web上に情報が豊富にある
  • バックアップ復元サービスがある
  • メールによるサポートがある
  • サーバー運営が安定している
  • Web速度にこだわりがある
  • コスパに優れている

僕が今までレンタルサーバーを利用した経験の中で、このポイントは初心者であっても外せないと思っています。ですが、やはり「料金」しかりな部分はあり、安さを求めると妥協しないといけないポイントもあります。

 

そこで、この8点とプラスαの要素を踏まえてレンタルサーバー3社を徹底比較したものです。

これからWordPressでブログを始めたい方、レンタルサーバーの選び方が分からない方は、分かりやすく解説していますのでぜひ参考になさってみてください。

 

WordPress初心者に厳選したレンタルサーバー3社

WordPressでブログを始める初心者の方に必要とするポイントだけで厳選すると、おすすめできるレンタルサーバーはスバリ「3社のみ」です。

 

初心者の段階ではブログを開設してから円滑に運営できるスペックであれば良いし、それ以上のサービスやパフォーマンスを求めても、結果的には「必要としない」です。グレードを上げればもちろん費用も上がりますからね。

なので、レンタルサーバーに求めるサービスは、8点だけ考慮して選べば間違いないです。

 

Mix Hostエックスサーバーロリポップ!
電話によるサポート×
管理画面が見やすい
若干ゴチャゴチャしている

一部専門用語メニューあり

メニューがシンプル
Web上の情報量
(ユーザー数に比例)
バックアップ復元サービス
無料

過去7日間までは無料

オプション300円
メールによるサポート
サーバーの安定性
若干不安定
Web速度◎◎
コスパに優れている

 

サービス比較はこちらを参考にしてみてください。

Mix Host
【スタンダード】
エックスサーバー
【X10】
ロリポップ!
【スタンダード
初期費用/月額料金無料/880円~3,000円/900円~1,500円/500円~
ディスク容量SSD 150GBSSD 200GBSSD 120GB
MySQL無制限50個30個
メールアドレス無制限無制限無制限
マルチドメイン無制限無制限100
独自SSL化【無料】
無料

無料

無料
転送量の目安2TB/月2TB/月3TB/月
無料お試し期間10日間10日間10日間
WordPress対

サービス内容解説

  • ディスク容量・・・個人サイトであれば多く見積もっても100GBあれば十分な目安。
  • MySQL・・・データベースを保有できるもの。(1サイト=1データベース)
  • メールアドレス・・・サーバー内でメールアカウントを作成できる数。
  • マルチドメイン・・・独自ドメインを保有できる数。
  • 独自SSL化・・・ドメインのセキュリティー強化するサービス。
  • 転送量・・・サイト訪問ユーザーに転送されるデータ量。

レンタルサーバー3社でも、比較して並べてみれば一長一短あるのは当然ですよね。なので最終最後に選ぶ理由は「料金」となる方が多いかと思います。

ただ安ければ良いというだけではなく、特に「表示速度」「サポート」は重点におきたいことと、のちに多く記事をストックしていきサイト規模が大きくなった後のサーバー耐久性と、レンタルサーバーを引越しすることも考えて選びたいですよね。

 

ではひとつずつポイントを見ていき、ピッタリ合うレンタルサーバーを選んでいきましょう。

 

レンタルサーバーを選ぶポイント8選

alt=レンタルサーバーを選ぶポイント8選

 

1.電話によるサポートがある

このサービスは非常に助かる初心者に優しいサポート。

僕は以前、当時もエックスサーバーを利用していたのですが、あるPHPファイル(WordPressテーマファイル)コードを消してしまい、サイトが真っ白に…。顔面蒼白になりました……。

すぐにエックスサーバーのサポート窓口へ電話。「テクニカルサポートはお答えしかねます」とありましたが、お構いなしに連絡してしまいました(苦笑)

すると、的確な状況確認のヒアリングをしてくださり、PHPファイルを復元しなければいけなく、結果的に有料のバックアップデータを購入するかたちに至りましたけど、スムーズ迅速な対応をしてくださいました。

 

レンタルサーバーの基本サポートは「サポートフォーラム(掲示板)」「メールサポート」「チャット」などが多く、電話サポートと比較すると「スピード」と「伝達力」が全く違います。

緊急性の案件によるサポートでは欠かせない、非常に頼りになるサポートです。

 

2.管理画面が見やすく分かりやすい

レンタルサーバーを初めて利用する場合、この管理画面の「見やすさ」「分かりやすさ」は非常に重要なポイントです。

この点を踏まえて、僕が選んだレンタルサーバー3社の管理画面を見てみましょう。

 

Mix Host管理画面

alt=mixhost管理画面

SHIN
アイコンによる表示はうれしいものの、若干専門的なテキストが多く、初めてレンタルサーバーを使う方は少し戸惑いがあるかも…。

ただMix Hostは他の要素で優秀ですので、管理画面は使いこなしていけば問題ないレベルです。

 

エックスサーバー管理画面

alt=エックスサーバー管理画面

SHIN
続いてエックスサーバー。エックスサーバーは各カテゴリごとに整理されているので見やすい管理画面ですね。

ただ専門的なメニュー名が多いので、初心者では少し使い慣れていかないと簡単に操作できないところが惜しい点です。

 

ロリポップ管理画面

alt=ロリポップ管理画面

SHIN
ロリポップメニューは、全て左側に集約されていて非常に「シンプルで見やすい」管理画面ですね。

初心者でも扱いやすい・見やすいという点では、ロリポップが一番優秀です。

 

3.Web上に情報が豊富にある

Web上にインデックスされているあらゆる情報量の過多は、トラブルや不明点が生じたときに非常に助かるポイントです。

レンタルサーバーを使い始めの頃は、何かと分からないことだらけでして…。僕もよくサポート先やWeb上で検索したりしました。

 

エックスサーバー、ロリポップは特に有名。

Mix Hostも含めて僕が選んだ3社は、レンタルサーバーの中でも有名な会社ですので、多くの情報がインデックスとしてストックされています。初心者の方でも安心できるポイントです。

 

4.バックアップ復元サービスがある

バックアップサービスは、万が一のトラブル時になくてはならないほど必要なサービスです。

WordPressを管理しているものがレンタルサーバーになるので、いきなりサイトへアクセスしたら「404Not Found」なんて表示されてしまったら!?最悪のケースを考えて「バックアップデータがある」という保険があれば、まず安心できるところですよね。

 

Mix Hostは「完全無料」でデータを復元してくれます。またエックスサーバーも7日間までのバックアップデータは「無料」です。

ロリポップはオプションとして「300円/月」料金がかかりますけど、制限なく過去にさかのぼって復元できるのでありがたいサービスです。

 

5.メールによるサポートがある

レンタルサーバーサービスで、このメールサポートがない会社はまず「無い」です。

では何がポイントかというと「レスポンスの速さ」ですね。

 

エックスサーバーとロリポップは、基本として「電話サポート」があり、ロリポップに関しては「チャットサポート」まであるので、緊急性でない問い合わせくらいしか需要がないかと思います。

ただ、エックスサーバーは「48時間以内」、ロリポップは「24時間以内」で原則返信しますと規約事項に記載されています。

 

では「Mix Host」はどうなのか?

Web上による情報から「返信の早さにドン引き」や「メール返信は秒殺」という感想があり、少なからず良い評価であることは間違いないですね。

 

6.サーバー運営が安定している

レンタルサーバーの安定性というのは、仮にサイトへのアクセスが瞬間的に集中したり、1日の転送量をオーバーした場合にサーバーが不安定になる可能性があります。

そこで、参考として各社「転送量」を見てみましょう。

レンタルサーバー3社キャパオーバー転送量目安
Mix Host70GB/日
エックスサーバー70GB/日
ロリポップ100GB/日

と書かれても、パッとしませんよね;

 

もっと分かりやすい身近な参考データとしてはこちら。

転送量目安

  • このブログトップページ・・・6.7MB/1転送量
  • 約4,000文字~5,000文字の記事・・・71.3KB/1転送量
  • 約10,000文字の記事・・・8.4MB//1転送量

Mix Hostとエックスサーバーの「70GB/日」を基準に測定すると、一番転送量の多い10,000文字記事でも、1日で8,333アクセスまで転送可能です。

Web上でよく「10,000アクセス/日が目安の転送量」という情報を見かけますが、まさにその通りです。

ただし、画像ファイルを約600KB+10,000文字テキストの記事ですので、十二分過ぎるほどの転送量ですけどね。

 

そこで安定性に話を戻しますけど、ロリポップのみ「瞬間的なアクセスに弱く若干不安定」という意見が一部でありましたが、あくまでブログ記事数が500~1,000ほどの規模による意見ですので、初心者の方には全く問題ないと考えて大丈夫なスペックです。

 

7.Web速度にこだわりがある

レンタルサーバーの速度とは、サイト訪問ユーザーに対する表示速度やWordPress管理画面上の作業スピードに直結する機能です。

ただWordPress上の作業で「遅い」と感じるようなことはないので、サイトの表示速度に注視すべきところですね。

 

では各社どのようなスペックや機能があるか見てみましょう。

Mix host高速化機能

サーバー独自でWeb速度の高速化機能はなく、WordPress「キャッシュプラグイン」を利用したキャッシュによる高速化を提案。

エックスサーバー高速化機能

  • 静的ファイルのキャッシュをサーバーに保持してサイト表示を高速化する機能。
  • サーバー上にキャッシュを作成し、表示速度を高速化する機能。
  • レスポンスヘッダの出力を付加。7日間ブラウザ側のキャッシュを利用することで転送量を軽減し表示速度を上げる機能。

ロリポップ高速化機能

サーバー上にキャッシュを作成し、表示速度を高速化する機能。

それぞれ一長一短ありますけど、僕の見解から表示速度にこだわっているレンタルサーバーは「エックスサーバー」がダントツです。

機能面で言ってしまえば、やはり料金に比例する部分があります。ですが、Mix hostはWordPressプラグイン、ロリポップはコンテンツキャッシュがあるので、十分対応できるレンタルサーバーです。

 

ただ表示速度にこだわるのであれば、間違いなくエックスサーバーを選択することが正解ですね。

 

8.コスパに優れている

最後は「コストパフォーマンス」に優れたレンタルサーバーはどこなのか?という選択ポイントです。

結論から言うと、どのレンタルサーバーも優れています。たくさんあるレンタルサーバー各社から厳選して3社をピックアップしていますので。

 

特に見て欲しいのは、冒頭で表にしている「サービス比較」。

厳選3社の優秀ポイント

  • どのサーバーも「SSD」で大容量ディスクあること。
  • 独自SSL化が無料で簡単に設定できること。
  • 「MySQL」「マルチドメイン」がブログ運営では十分すぎるほどのスペック。
  • 転送量が膨大であること。(2GB~3GB/月)

ただし、料金も違えば各種全く同じサービス内容ではないので、この点と3社それぞれ特徴を次で掘り下げていきます。

選ぶポイントは、妥協できるライン+ランニングコストになると思いますので、この点を十分考えて、自分に合ったレンタルサーバーを選んでいきましょう。

 

Mix Host

唯一「電話によるサポートがない」ことと、管理画面がキレイに整理されていない(テキストが見づらい)点が欠点。

ただ、サーバースペックは優秀。MySQL・メールアドレス・マルチドメインが無制限、バックアップ復元も完全無料、Web速度にいたっても高水準なので、ある程度の知識(サーバーやブログ)があれば申し分ないレンタルサーバーです。

MixHost

初期費用無料やランニングコスト、ユーザーサポートが特に優秀なレンタルサーバー。ただ管理画面が初心者では分かりづらいことと、Web上のインデックス情報が多い方ではないので、サーバーやブログにある程度の経験や知識のある方におすすめできるレンタルサーバー。

 

エックスサーバー

電話やメールサポートが充実しており、Web速度は独自の高速化にこだわった機能があり、僕は一番おすすめできるレンタルサーバー。

初期費用・月額料金では一番高額なものの、ディスクは大容量の200GB、MySQL・メールアドレス・マルチドメインは企業サイトでも十分な容量ですし、サーバーの安定性や表示速度では最高クラスのレンタルサーバーです。

エックスサーバー

Webサイト高速化ではNo.1のレンタルサーバー。また電話によるサポートを始め、バックアップ復元無料(7日間)、メールでも親切丁寧で的確なサポートをしてくれる強みが◎。デメリットは初期費用が若干高い。ただランニングコストは安いので、コスパともに最優秀なレンタルサーバーと言えます。

 

ロリポップ

初期費用はあるものの、月額のランニングコストは最安。WordPressを全くのゼロからブログをスタートしたい初心者におすすめのレンタルサーバーです。

管理画面がシンプルで見やすく操作性が高いことと、個人ブログを運営するサーバーでは十分なスペック。ただ、表示速度やアクセス集中時などの安定性では他2社より若干劣りますけど、初めてのレンタルサーバーとしてはトータルで考えたらコスパは良いサーバーです。

ロリポップ!

ランニングコストが最安値、Web上の情報も多い、管理画面が非常にシンプルで見やすく使いやすいという3点、ゼロからブログを始める初心者の方にはピッタリのレンタルサーバー。若干安定性・Web速度では不満要素があるものの、料金面からみればコストパフォーマンスは良いサーバーです。

 

まとめ

WordPressでブログを運営する上でおすすめなレンタルサーバーを、厳選して3社ご紹介しました。

レンタルサーバーにもたくさんのサービス会社がありますけど、ブログを始める段階やレンタルサーバーを初めて利用する方には、特にこの3社はおすすめできるサーバーです。

 

どのレンタルサーバーもコスパは優秀なので、最終的に選ぶポイントは「充実したサポートや機能」を優先するか、「初期費用やランニングコスト」を優先するかを考えて、自分に合ったレンタルサーバーを選んでいきましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SHIN

SHIN

WordPressテーマ研究家のSHINです。WPテーマとコーヒーをこよなく愛し、日々マウスをカチカチ!キーボードをパチパチ!しながら研究をしている人。

-レンタルサーバー

Copyright© WordPress theme NAVI , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.