プラグイン

サイト内リンク切れをチェックして知らせてくれるプラグイン『Broken Link Checker』

更新日:

WPプラグイン,サイト内のリンク切れを自動検知してくれる,Broken Link Checker

こんにちは。SHINです♪

今日は、自サイトへ貼り付けた外部サイトリンクが切れたときにお知らせしてくれる便利なプラグイン「Broken Link Checker」を紹介します。

 

外部サイトリンクは、例えば記事の紹介やYouTubeなどの動画でURLを貼ったりしますよね。

こういった発リンクが急に切れることって、まれでありながらも突然あります・・・。

 

この発リンク切れは、放っておくと良いないです。というのは、ユーザビリティとして良くない=SEOに少なからず悪影響という考え方です。あなたのウェブサイトコンテンツの信頼性も欠けてしまいます。

 

そこでこの「Broken Link Checker」は、プラグイン導入~有効化してからサイト内全ての発リンクをチェックしてくれるので、WordPressサイトであるなら間違いなくインストールしておきたい1つです。というか・・・僕の中では必須プラグインですね。

 

ではインストールしていきますね。

こんな方におすすめの記事

  • サイト内全ての発リンク切れを自動でチェックしたい!
  • ユーザビリティへの悪影響を与えないように記事をコンテンツを管理したい!

 

 

WPプラグインBroken Link Checkerのインストール

step
1
WordPressダッシュボードから「プラグイン」>「新規追加」をクリック

Broken Link Checker

 

step
2
キーワードへ「Broken Link Checker」と入力し、表示されたプラグイン日本語verをインストール

インストールを終えたら「有効化」ボタンをクリックしましょう。

有効化したと同時に、すぐに全ての発リンク切れチェックが始動します。

 

step
3
Broken Link Checkerプラグインの設定をしよう

Broken Link Checker2

プラグイン一覧の画面に移ったら、Broken Link Checkerの「設定」をクリックして進みます。

 

Broken Link Checker設定方法

Broken Link Checker「一般」設定

Broken Link Checker3

各項目を見ていきましょう。

 

各リンクをチェック

Broken Link Checker4

SHIN
デフォルトは「72時間でチェックする」設定ですね。僕の意見では、YouTubeなど動画のリンク切れは多い気がするので、動画中心のサイトなら48時間チェックでもいいかなと。記事やテキストのリンク切れは「まれ」なので、デフォルトのままで十分ですね。

 

メールで通知&メールアドレス

Broken Link Checker5

SHIN
リンク切れが発生した時点で、メールで通知してくれる設定です。メール通知は、デフォルトのチェックのままで大丈夫です。そこで指定したメールアドレスに通知が欲しい場合は、「通知メールアドレス」へ。空欄にした場合は、WordPerssの「ユーザー」>「プロフィール」で登録したアドレスに通知されます。

 

リンクの調整

Broken Link Checker6

SHIN
まずリンクエラー表示ですけど、デフォルトでは「取り消し線」でリンク切れが表示されます。基本はこの表示スタイルでいいと思います。カスタムしたい場合は「CSSを編集」で記述します。他の2項目はノーチェックで大丈夫。

 

提案&警告

Broken Link Checker7

SHIN
この2つの項目は、デフォルトのままチェックを入れておいて問題ないでしょう。

 

その他の「含まれるリンクを探す」「チェックするリンクの種類」「プロトコル&API」「高度な設定」の4つのタブは、デフォルトのままで問題ありません。きちんとリンク切れに対するベストな対処で設定されていますから。

 

リンク切れが発生した場合

WordPressダッシュボード画面に、次の画像のように表示されます。

Broken Link Checker8

この後、落ち着いてリンクテキストの「〇個のリンクエラーを発見しました」をクリックして、詳細を確認しましょう。

 

このようなリンク切れの詳細画面に切り替わります。

Broken Link Checker9

URL・・・リンク切れしているURL
ステータス・・・リンク先に表示されるテキスト
リンクテキスト・・・リンクそのものの属性のような名称
ソース・・・リンクを表示している記事(コンテンツ)

 

では一旦リンク切れがどう表示されているかチェックするために、ソースにある「表示」をクリックします。

Broken Link Checker10

 

取り消し線のあるリンクテキストを発見!

Broken Link Checker11

このリンク切れ対処は、コンテンツを消去するか編集するかのどちらかです。このまま放置していてはユーザービリティとして良くないので、できるだけ早く修正した方がいいですね。

 

ちなみに、リンク切れがない正常な状態では・・・

Broken Link Checker12

このように「壊れたリンクはありません」と表示されるので、安心して運営できます♪

 

まとめ

コンテンツが増えていくと、外部からのリンクを貼ることは多々ありますよね。

 

リンク切れをチェックしてくれる便利なプラグイン「Broken Link Checker」ですけど、リンク切れを発生させない=読者へより質の高いコンテンツを提供する目的ですもんね。

サイト運営している以上、この部分は真摯に取り組みたいですよね!

ぜひ活用してみてください♪

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SHIN

SHIN

WordPressテーマ研究家のSHINです。WPテーマとコーヒーをこよなく愛し、日々マウスをカチカチ!キーボードをパチパチ!しながら研究をしている人。

-プラグイン
-,

Copyright© WordPress theme NAVI , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.