プラグイン

リンク切れを一括チェックするプラグイン『Broken Link Checker』

alt=リンク切れ チェック Broken Link Checker

ウェイブサイトやブログを運営していると、必ず発生する困りごとが「リンク切れ」です。

ただ毎日全記事の正常な発リンク状態を確認するなんて到底できませんよね。そこで便利なプラグインが「Broken Link Checker」です。

こんにちは。WordPress研究家SHINです。

 

WordPressプラグイン「Broken Link Checker」は、自動でサイト内全ての外部リンクを一括してチェックし、リンク切れを検出した時点で指定アドレスへ通知してくれる便利な拡張機能。リンク切れ対策はこのプラグインのみで解消できます。

今回は、このプラグイン「Broken Link Checker」のインストールと設定方法を解説していきます。

 

外部リンク切れを放置してしまうデメリット

知らずに外部リンク切れを放置してしまうことでデメリットは大きく2つあり、いずれもSEO対策として悪影響を及ぼす結果になりますので要注意です。

 

ユーザビリティが低下する懸念

リンク先URLにアクセスしたら「404 Not Found」が表示され、情報が全く伝わらない場合どう思いますか?非常にガッカリしますよね。

更には「他のリンクも?」と疑心暗鬼になり、他記事も読まずにページを離脱する可能性が高まりますし、訪問ユーザーの「知りたい」「読みたい」「見たい」という期待を裏切ってしまうことになります。

ちょっと大げさな言い方かもしれませんけど、このくらい記事(コンテンツ)に対するメンテナンスは重要だと考えておきましょう。

 

結果的に離脱率増加、滞在時間短縮、再訪しない・・・徐々にサイトに対する評価が低下し検索順位が落ち込む結果になってしまうので要注意です。

 

クローラーに正しい情報が伝わらない

リンク切れは、リンクからリンクをたどりながら巡回するクローラー導線を混線させてしまう原因になります。

更にリンク先の情報がクローラーに伝わらないため「このページは何を伝えたいのか?」というコンテンツ情報が正しく理解してもらえないので、サイトやページに対する評価が下がってしまいます。

 

クローラーからの評価が下がると、ユーザービリティ同様にSEO観点で言えば「検索順位が落ちる」という恐れに繋がるので、リンク切れは「Broken Link Checker」を利用して未然に対策していくことをおすすめします。

 

 

プラグイン「Broken Link Checker」インストール

step
1
WordPressダッシュボードから「プラグイン」>「新規追加」をクリックします。

Broken Link Checker

 

step
2
キーワードへ「Broken Link Checker」と入力し、表示されたプラグイン日本語verをインストールしましょう。

インストールを終えたら「有効化」ボタンをクリックしましょう。

有効化すると同時に、初回のリンク切れ一括チェックが開始されます。

 

step
3
次にBroken Link Checkerの設定をしていきましょう。プラグイン一覧の画面に移ったら、Broken Link Checkerの「設定」をクリックして進みます。

Broken Link Checker2

 

 

Broken Link Checker設定方法

設定画面に移ったら、まず「一般」の設定を見ていきます。

 

一般

alt=Broken Link Checker 設定

では各項目設定を見ていきましょう。

 

各リンクをチェック

alt=Broken Link Checker 設定1
SHIN
デフォルトの「72時間ごと」の設定で大丈夫です。

12時間や24時間などの短い周期でチェックすると、サーバに負荷がかかって動作や表示速度に影響する恐れもあるので注意ですね。

 

メールで通知&通知メールアドレス

alt=Broken Link Checker 設定2
SHIN
メールで通知はチェックします。リンク切れが検知されると、「設定」>「一般」内で設定しているメールアドレスへ通知が来るようになります。

違うメールアドレスにする場合は、通知メールアドレスに指定するアドレスを入力しましょう。

 

リンクの調整

alt=Broken Link Checker 設定3
SHIN
リンクエラーにカスタムCSSを適用するにチェックします。

するとリンクが切れたテキストに「リンク切れ」のように表示されるので、見つけやすくなりますよね。ちなみに画像やイラストにリンクを入れて切れた場合は「非表示」となるので注意です。

 

提案&警告

alt=Broken Link Checker 設定4
SHIN
提案はチェックを外します。リンク切れは「URLを変更する」するか「削除」するかなので、提案を受ける必要はないですね。

警告はチェックを入れます。ある一定時間リンク切れを起こしたり、リダイレクトされたりすると「警告」の部類にストックされるので、注意しておく必要がありますからね。

 

 

含まれるリンクを探す

alt=Broken Link Checker 設定5
SHIN
「コメント」「商品」「商品リンク」「固定ページ」「投稿」「公開済み」の6つにチェック。

特にウェブサイト内の商品やサービス紹介(アフィリエイト)などのリンク切れは死活問題になり兼ねるので注意が必要ですね。

 

 

チェックするリンクの種類

alt=Broken Link Checker 設定6
SHIN
リンク切れをチェックする種類を選択します。

ここではHTMLのリンクと画像、埋め込みYouTube動画の3つにチェックします。この他でリンク切れチェックする場合には追加しておきましょう。

 

 

プロトコル&API

alt=Broken Link Checker 設定7
SHIN
ここでの設定は「デフォルト」でチェックがある基本的なHTTP、YouTube APIの2つにチェックを入れておきます。

 

 

高度な設定

alt=Broken Link Checker 設定8

ここではデフォルト以外で変更する可能性のある項目のみ見ていきます。

 

タイムアウト

alt=Broken Link Checker 高度な設定
SHIN
このままデフォルトでOK。30秒以上かかるリンクは、リンク切れ以前の問題なので検証が必要ですね。

 

リンクモニター

alt=Broken Link Checker 高度な設定1
SHIN
リンク切れチェック定期で設定した時間に「WordPress管理画面で作業中も稼働させる」というチェック。

逆にバックグラウンドの方はチェックを外しておきます。

 

高度な設定では、2項目の変更のみで設定は完了。他項目はデフォルトのままでOKです。

 

 

リンク切れが発生した場合

リンク切れが検出されると、WordPressダッシュボード画面で次の画像のように表示されます。

Broken Link Checker8

この後、落ち着いてリンクテキストの「〇個のリンクエラーを発見しました」をクリックして、詳細を確認しましょう。

 

このようなリンク切れの詳細画面に切り替わります。

Broken Link Checker9

URL・・・リンク切れしているURL
ステータス・・・リンク先に表示されるテキスト
リンクテキスト・・・リンクそのものの属性のような名称
ソース・・・リンクを表示している記事(コンテンツ)

 

では一旦リンク切れがどう表示されているかチェックするために、ソースにある「表示」をクリックします。

Broken Link Checker10

 

取り消し線のあるリンクテキストを発見!リンク切れですね・・・。

Broken Link Checker11

このリンク切れ対処は、コンテンツを消去するか編集するかのどちらかです。このまま放置していてはユーザービリティとして良くないので、できるだけ早く修正していきましょう。

 

ちなみに、リンク切れがない正常な状態では・・・

Broken Link Checker12

このように「壊れたリンクはありません」と表示されます。

 

まとめ

リンク切れをチェックしてくれる便利なプラグイン「Broken Link Checker」は、結果的にサイトやコンテンツのリンク状態を健康に保つ働きをしてくれる拡張機能です。

  1. 訪問ユーザーへのユーザビリティは最良を維持する。
  2. リンク切れが原因でSEOへ悪影響を与えない。

 

コンテンツが増えることでリンクも増えていきますよね。アナログでリンク切れをチェックするほどタイムロスはないので、ぜひ「Broken Link Checker」は活用しておきたいプラグインの一つです。

非常に頼りになりますので、活用してみてください。

\ 記事はお役に立ちましたか? /

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

SHIN

WordPressテーマ研究家のSHINです。WPテーマとコーヒーをこよなく愛し、日々マウスをカチカチ!キーボードをパチパチ!しながら研究をしている人。

-プラグイン
-,

© 2020 WordPress theme NAVI