プラグイン

プラグインをコントロールして表示速度を高速化する『Plugin Load Filter』

alt=プラグイン Plugin Load Filter

多くのプラグインをインストールすると非常に便利な反面、容量が大きくなってWebサイトの動作や表示速度が遅くなるというデメリットがともないます。

そこでおすすめするプラグインが「Plugin Load Filter」です。

こんにちは。WordPress研究家SHINです。

 

今回ご紹介するプラグイン「Plugin Load Filter」は、インストールしているプラグインの拡張機能を投稿ページ単位で有効化(ON・OFF)をコントロールできるという優れたプラグインです。

 

大前提にプラグインは、必要なもののみインストールして有効化するのが基本ですね。ただそれでも"投稿ページ単位" で見た場合、全てのページに全てのプラグイン機能をローディングする必要性ってないと思いませんか?

「このページはこのプラグインOFF」という制御設定ができるのがPlugin Load Filterです。

 

また、Webサイトにとって表示速度は非常に重要な対策ですし、サイト運営者が「あれ?重いな・・・」と感じていれば、訪問ユーザーはもっと遅いと感じているはずです。

 

Plugin Load Filterは、投稿ページ単位でロードすべきプラグインを個別に制御設定ができるため、劇的に速度改善するケースもあるので、ぜひ活用してみて下さい。

 

プラグイン「Plugin Load Filter」インストール

早速Plugin Load Filterをインストールしていきましょう。

 

step
1
WordPressダッシュボードより、「プラグイン」>「新規追加」と進みます。

alt=WordPress プラグイン新規追加

 

step
2
検索窓に「Plugin Load Filter」と入力して、インストール有効化していきましょう。「

alt=プラグイン Plugin Load Filter

 

step
3
インストールして有効化すると、WordPressダッシュボードメニューに「Plugin Load Filter」と追加されているので、クリックして進みましょう。

alt= Plugin Load Filter 設定

 

「Plugin Load Filter」設定方法

では早速「Plugin Load Filter」の設定方法を見ていきましょう。

 

step
1
Plugin Load Filter設定画面に進むと、「エキスパート用URLフィルタ」と「Page Typeフィルタ」2つのカテゴリーがあります。エキスパートの設定は、理解がなければ全てONにしておきましょう。設定していくのはPage Typeフィルタの方になります。

alt=Plugin Load Filter 設定

  • Normal Mode ・・・ 全てのページにおいてローディングする設定。
  • Admin Page ・・・ WordPress管理画面でのみローディングする設定。
  • Page Type ・・・ 各ページごとにローディングする設定。

プラグインごとに3つのカテゴリーでON・OFFが設定できます。

注意ポイント

フィルタ設定を変更した後は、プラグインが正常に機能していることを確認しておきましょう。

ページにおいてタグが正常に表示されなかったり、レイアウトが崩れてしまったりするケースもあるので、十分注意して設定していきましょう。

 

step
2
細かなフィルタリングができる「Page Typeフィルタ」を設定していきましょう。

alt=Page typeフィルタ設定

alt=Page typeフィルタ設定1

alt=Page typeフィルタ設定3

SHIN
Page Typeで設定したいプラグインの一番右のアイコンをクリックして、画面一番下の「フィルター登録」をクリック。次にタブの「Page Type フィルタ有効プラグイン選択」をクリックして進みましょう。

 

step
3
この画面上で、ローディングするページのみを選択してフィルタ設定することができます。

alt=Page typeフィルタ設定2

各ページ解説

Desktop:PC(パソコン)でのローディングを有効にする。
Mobile:モバイル端末(スマホ)でのローディングを有効にする。
Home:Webサイトのトップページでのローディングを有効にする。
Archive:アーカイブページでのローディングを有効にする。
Search:サイト内検索結果ページでのローディングを有効にする。
Attach:添付ファイルを開くページでのローディングを有効にする。
Page:固定ページでのローディングを有効にする。
Post:投稿ページでのローディングを有効にする。
image:画像に対してのローディングを有効にする。
gallery:複数枚画像に対してのローディングを有効にする。
video:動画に対してのローディングを有効にする。
audio:音楽ファイルに対してのローディングを有効にする。
aside:余談・補足タグに対してのローディングを有効にする。
status:投稿状態(公開・非公開・下書き・レビュー待ち)によりローディングを有効にする。
quote:引用に対してのローディングを有効にする。
link:内部・外部リンクに対してのローディングを有効にする。
chat:チャット機能を採用していた場合、そのチャットに対してのローディングを有効にする。
Embed Content:WordPressデフォルトのブログカードを表示するページでのローディングを有効にする。

「Page」と「Post」はONにしておきましょう。ステップ3で設定した内容で、各固定ページや投稿ページごとにフィルタ設定が選択できるようになります。

 

step
4
「3」で細かな設定をした後は、各固定ページ・投稿ページ単位で以下画像のようにローディングONとOFFが選択できるようになります。

alt=Page typeフィルタ設定4

設定の解説

「使用しない」=以下リストにあるプラグインローディングを「全てOFF」にする設定。

「使用する」=「Page Type フィルタ有効プラグイン選択」で設定したローディングを有効にする設定。この場合、Desktop・Mobileもチェックを入れて「保存」しましょう。

 

まとめ

特定ページごとに、プラグインのローディングを制御設定できるプラグイン「Plugin Load Filter」をご紹介しました。

 

特に「Page Typeフィルタ有効プラグイン選択」での細かい設定を見れば、不要なページ(OFF)にするカテゴリーは結構あります。僕もかなりOFF設定にして改善しています。

今現在有効化しているプラグインはもちろん、今後インストールするプラグインも必要最低限のローディングで有効化することができるので、ぜひ活用してみて下さい^^

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SHIN

SHIN

WordPressテーマ研究家のSHINです。WPテーマとコーヒーをこよなく愛し、日々マウスをカチカチ!キーボードをパチパチ!しながら研究をしている人。

-プラグイン
-

Copyright© WordPress theme NAVI , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.