プラグイン

Simple Post Notesの使い方と設定方法|投稿画面にメモ書きを保存できるプラグイン

alt=プラグイン-Simple Post Notes

WordPressで記事を書いているときに「この○○をメモを残しておきたい!」って思ったことありませんか?僕は大いにあります(笑)

WordPressテーマ研究家SHINです。

 

例えばこんな内容って残しておきたいなって思います。

  1. SEOキーワード(記事に散りばめるキーワード)
  2. リライトした日付と内容
  3. 記事追記したい候補内容
  4. 競合サイトのページURL
  5. タイムリーな検索順位
  6. 掲載している広告や広告コードタグ

残したメモは投稿一覧にも表示ができるので、記事に対するDO管理もできるツール。

ものすごく簡易的なツールではあるものの、長文になるとポストイットや手帳などに手書きでメモを残すことが非効率になることもありますよね。そんなときに活用していきたいのが、WordPressプラグイン「Simple Post Notes」です。

便利ですのでぜひ活用してみてください。

 

Simple Post Notesインストール方法

まずプラグインSimple Post Notesをインストールしていきましょう。

 

step
1
WordPressダッシュボードから「プラグイン」>「新規追加」と進みます。

alt=プラグイン-Simple Post Notes-インストール

 

step
2
次にプラグイン検索キーワード枠に「Simple Post Notes」と入力し、表示されたプラグインを今すぐインストールし、有効化していきましょう。

alt=プラグイン-Simple Post Notes-インストール2

 

Simple Post Notesの使い方

まずはジェネラル設定から見ていきましょう。

 

step
1
WordPressダッシュボードから「設定」>「Post Notes」に進みます。

alt=プラグイン-Simple Post Notes-使い方

 

step
2
投稿画面や記事一覧画面でデフォルト表示しておく文言を登録できます。ここでは必要なメモはない??と備忘的な一言を入力しておけば、再確認する作業もはかどると思うので、こんな感じで登録しておきます。

alt=プラグイン-Simple Post Notes-使い方2

 

step
3
投稿画面を開くと右側に表示されます。表示位置の変更は可能なものの、やはり一番上に表示しておくのがおすすめ。必ず目に入る場所ですし「何か足りないことなかったかな・・」と振り返るきっかけになりますよ。

alt=プラグイン-Simple Post Notes-使い方3

 

step
4
投稿一覧では、投稿記事列に表示されます。投稿編集画面を開かなくても確認できるので便利ですよね。ここでも個別記事に対して「やること」「備忘メモ」など記録したものが確認できます。

alt=プラグイン-Simple Post Notes-使い方4

 

まとめ

ウェブサイトでいう記事は「資産となる大切なもの」ですよね。

一つひとつ丁寧に書き上げた記事を、一つひとつメモによって大切に管理していける便利なプラグインです。また作業面で言えば、URLやタグなど手書きのメモが困難な場合に「コピペメモ」としても使えます。

ぜひ活用してみてください。

\ 記事はお役に立ちましたか? /

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SHIN

SHIN

WordPressテーマ研究家のSHINです。WPテーマとコーヒーをこよなく愛し、日々マウスをカチカチ!キーボードをパチパチ!しながら研究をしている人。

-プラグイン

© 2020 WordPress theme NAVI