プラグイン

ショートコードタグを1クリックで挿入できるプラグイン『AddQuicktag』

alt=プラグイン,AddQuicktag

ショートコードタグを記事へ1クリックで挿入できる便利なプラグイン「AddQuicktag」のインストール方法から、タグ登録方法、使い方まで分かりやすく解説しています。

WordPressテーマ研究家SHINです。

 

「AddQuicktag」でできる事

  • ショートコード(蛍光マーカー・BOX・吹き出し等)を任意の名前で登録が可能
  • 定文型長文テキストであっても、記事へ1クリックで挿入が可能
  • アフィリエイトコードやその他リンクURLなども登録が可能
  • アイコンを表示するショートコードも登録可能

ショートコード、URL、テキストなどを分かりやすいタグ名を付けて登録し、1クリックで記事投稿時に挿入できるという優秀なプラグインです。

今まで都度ショートコードを整理したファイルを開いたり貼りつけるようなアナログ作業がなくなるので、記事を書く時間を「圧倒的に時短できる」ことが最大のメリットですね。

WordPressを使っている以上、このプラグインは必須中の必須くらい重宝できるので、ぜひ活用していきましょう。

 

AddQuicktagインストール方法

さっそくWordPressでAddQuicktagをインストールしていきます。

 

step
1
WordPressダッシュボードから「プラグイン」>「新規追加」と進み、キーワード枠へAddQuicktagと入力して、表示されたAddQuicktagをインストールして有効化しましょう。

alt=AddQuicktag,インストール

 

 

AddQuicktagでショートコードタグを登録する方法

インストールが完了したら、さっそくショートコードタグを登録していきましょう。

 

step
1
AddQuicktagをインストール後、画面が切り替わったら「設定」をクリックして進みましょう。

alt=AddQuicktag,使い方

 

step
2
この画面でタグを登録していきます。入力する場所は「ボタン名」「開始タグ」「終了タグ」「チェックボックス」の計4箇所のみです。

alt=AddQuicktag,使い方2

①ボタン名

alt=AddQuicktag,使い方3

ボタン名には、記事投稿画面でAddQuicktagより挿入時に選択する「タグ名」を入力します。このように「見出しBOX(MEMO)」という名前を付けておくことで、記事へ挿入する際に「あれ?このタグってなんだっけ?」というのが無くなりますよね。自分で分かりやすい名前を付けておきましょう

②開始タグ ③終了タグ

HTMLコード登録の場合

[st-kaiwa1]開始タグへ入力会話テキスト[/st-kaiwa1]終了タグへ入力

HTMLの場合、このようにHTMLコードの開始となるタグを「開始タグ」へ入力し、終了となるタグを「終了タグ」へ入力します。

URL登録の場合

https://wptheme-navi.jp/URL全てを開始タグ内に入力

URLやアフィリエイトコードなどを登録する場合は、全て「開始タグ」へ入力して登録します。

テキスト登録の場合

ワードプレステーマナビテキスト全てを開始タグ内に入力

テキストを登録する場合は、テキスト全て「開始タグ」へ入力して登録します。

④チェックボックス

特に外しておきたいボックスがなければ、一番右にあるチェックマークのボックスをクリックします。すると自動ですべてのボックスにチェックが入るので便利です。

 

AddQuicktagの使い方

良く使用するお気に入りのショートコードタグが登録できたら、次に記事へ挿入していきましょう。

 

step
1
WordPressの記事投稿画面のエディタ内に追加されているAddQuicktagをクリックすると、登録済のショートコードタグがリスト表示されるので、挿入したいタグをクリックします。

alt=AddQuicktag,使い方

 

step
2
このように一瞬でHTMLコードを挿入できます。手を加えるのはテキストやイラストやバナー、画像などを挿入編集するだけ。何て時短・・・!

alt=AddQuicktag,使い方2

このHTMLコード登録画面

alt=AddQuicktag,使い方3

 

AFFINGER5×AddQuicktag

AFFINGER5はショートコードタグが非常に多くて有名なWordPressテーマ。

そこで使い慣れたお気に入りのショートコードタグにアレンジ(オリジナル)を加えたタグを登録しておくと便利。僕は「AFFINGER5×AddQuicktag」というコラボにかなりお世話になっています(笑)

 

step
1
「ボックスデザイン」>「見出し付きフリーボックス」>「ポイント」のHTMLコードを挿入し、コード内にある赤太字部分は簡単に変更が可能。

alt=AFFINGER5,AddQuicktag

[st-midasibox title="ポイント" fontawesome="fa-check-circle faa-ring animated" bordercolor="#FFC107" color="" bgcolor="#FFFDE7" borderwidth="" borderradius="5" titleweight="bold"]

[/st-midasibox]
赤太字コード内に変更したいコードや数字を入力すれば簡単にデザインを変更可能

各コード名称変更内容
fontawesomefontawesome4.7で取り扱うアイコン
bordercolorボーダー上の色
color見出しテキストの色
bgcolor見出し内の背景色
borderwidthボーダー上の太さ
borderradiusボーダー上の丸み
titleweight見出しテキストの太さ

この見出しフリーボックスにある「ポイント」のショートコードは、計7箇所デザインをアレンジが簡単にできます。

 

ちなみに変更したデザインがこちら。

デフォルトver

一言どうぞ

AFFINGER5×AddQuicktagは最強だぁ!

アレンジver

一言どうぞ

AFFINGER5×AddQuicktagは最強だぁ!

可愛らしくするもよし、クールにするもよし、ポップにするもよし!デザインを自サイトやコンテンツに合わせていろんなアレンジが出来るので、AFFINGER5ユーザーの方はぜひ試してみてください。

 

まとめ

今回はショートコードタグを記事に一瞬で呼び出せる便利なプラグイン「AddQuicktag」をご紹介してきました。

タグを登録する時間は多少かかっても、その後の記事執筆時間は非常に時短できるので、ぜひぜひ活用して欲しいプラグインですね。

\ 記事はお役に立ちましたか? /

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SHIN

SHIN

WordPressテーマ研究家のSHINです。WPテーマとコーヒーをこよなく愛し、日々マウスをカチカチ!キーボードをパチパチ!しながら研究をしている人。

-プラグイン

© 2020 WordPress theme NAVI