プラグイン

子テーマを簡単に作成するWordPressプラグイン『Child Theme Configurator』

子テーマをワンクリックで瞬時に作成するWPプラグイン『One-Click Child Theme』

こんにちは。WordPressテーマ研究家SHINです。

 

WordPressテーマでは、なぜ「子テーマを有効化する」「子テーマを作成する」などで子テーマが主役なのか。

親テーマではなく子テーマを有効化する理由は、PHPファイルのCSSやHTMLをカスタマイズした場合、バージョンアップやアップデート時に「上書きリセット」されてしまう点ですよね。

 

そしてもう一つ。子テーマを作成する理由は・・・

PHPファイルへソースコードを追記や削除するカスタマイズで失敗した場合の保険

現在「親テーマ」を使っており、バージョンアップやアップデートが出来ない状態

この2点が大きな理由かなと思います。

 

「Child Theme Configurator」は、簡単に子テーマを作ってくれるのはもちろん、親テーマよりカスタマイズ済みのファイルも、一つずつチョイスして子テーマへ継承することもできる便利なWordPressプラグインです。

WordPressで子テーマを作成するプラグインなら、間違いなく「Child Theme Configurator」がおすすめ。

 

では早速インストールから始めていきましょう。

 

WordPressプラグイン「Child Theme Configurator」インストール

Child Theme Configurator-min

SHIN
WordPressダッシュボード画面から、「プラグイン」>「新規追加」と進み、キーワードへ「Child Theme Configurator」と入力してインストールします。この後、すぐ有効化しておきます。

 

「Child Theme Configurator」で子テーマを作成する

早速「子テーマ」を作っていきましょう。

 

step
1
WordPress管理画面から「ツール」>「Child Thmemes」をクリックすると設定画面に進みます。

Child Theme Configurator1

SHIN
①のセクションは「CREATE a new Child theme」にチェック、②のセクションは子テーマを作りたい親テーマをプルダウンで選択、最後に「Analyze」をクリックしましょう。

 

step
2
④~⑧それぞれのセクションで設定していきます。

Child Theme Configurator1 (2)

④子テーマのディレクトリを確認
→正式な子テーマ名ではなく「ディレクトリ名」なので、デフォルトのままの名前にしておきます。

⑤新しいスタイルを保存する場所を選択
→コピーする親テーマの「style.css」をそのまま上書きして作成する場合「Primary Stylesheet (style.css)」、既存の子テーマに上書きせず、新規で子テーマを作る場合は「Separate Stylesheet」を選択。デフォルトのままで大丈夫です。

親テーマのスタイルシート処理を選択
→デフォルトでチェックされている選択に「Configuratorに適切なアクションと依存関係を決定させ、機能ファイルを自動的に更新」とあります。高度な処理を求めなければ、デフォルトのままにしておきましょう。

⑦子テーマの名前、説明、作者、バージョンなどをカスタマイズ
→子テーマにオリジナル名を付けたい場合に編集できます。このセクションもデフォルトのままで大丈夫です。

⑧メニュー、ウィジェット、その他のカスタマイザ設定を親テーマから子テーマにコピー
→親テーマをオリジナルで設定変更している場合(例えばサイト横幅、サイドバーの配列やテキスト挿入など)、チェックを入れておくことをおすすめします。設定を全く変えていなければ、チェックはそのまま外しておいて大丈夫です。

クリックしてコンフィギュレータを実行
→ここまでの設定でOKであれば、ここで子テーマ作成ボタンをクリックして作りましょう。

 

親テーマから引き継ぎたいファイルを選択できる機能

このChild Theme Configuratorには、子テーマを作成するほかに推奨したい機能があります。

それは親テーマにあるファイルを選択して引き継げる機能です。

Child-Theme-Configurator3

画像で分かる通り、親テーマに存在するファイル一覧から、引き継ぎたいファイルだけを選択して子テーマへコピーすることができるので、もしstyle.cssとfunction.php以外で直接書き込みしたファイルがある場合は、この機能を使って子テーマにコピーすることが可能です。

 

子テーマを作成して有効化し、サイトチェックして「あれ?ココが反映していない!」って気付いたら、対象ファイルを子テーマにコピーすれば一発完了です。また書き込みする必要もないので、とても便利。

 

まとめ

WordPressプラグイン「Child Theme Configurator」で子テーマを作る手順のご紹介でした。

 

PHPファイルへソースコードを追記や削除するカスタマイズで失敗した場合の保険

現在「親テーマ」を使っており、バージョンアップやアップデートが出来ない状態

この2つ目的に最適なプラグインですので、ぜひ活用してみてください。

ではまたφ(・ω・ )

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SHIN

SHIN

WordPressテーマ研究家のSHINです。WPテーマとコーヒーをこよなく愛し、日々マウスをカチカチ!キーボードをパチパチ!しながら研究をしている人。

-プラグイン
-

Copyright© WordPress theme NAVI , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.