ノウハウ情報

ブログ記事のネタ切れ対策!原因と圧倒的に解消する9つの方法

更新日:

alt=ブログネタ切れ問題!発生する原因と圧倒的に解消する〇つの方法

ブログを運営していると、誰でもぶつかる壁が「ネタ切れ」ですね。雑記ブログであれば、多くの日常でネタ化できることも多いですけど、特化型ブログや専門性のあるブログですと、手が止まってしまう経験は僕にもあります。

こんにちは。WordPressテーマ研究家SHINです。

 

まず、記事がネタ切れする根底にある問題は以下3点。

記事がネタ切れする3大問題

インプット情報不足の状態なのに自分の引き出しからでしかネタがない

情報のインプット先を知らない

情報検索方法を知らない

僕の経験上、恐らくこの3点かなと。

そこで結論、厳選した情報発信先からピンポイントで情報を検索してネタをインプットする。この対策で問題は解決します。

 

ある情報では「読者(ペルソナ)がいないからネタも発想できない」という原因を散見しますけど、この考え方は、あくまで「読者がどういったキーワードで検索するか?」を想定するだけです。

 

読者を想定しただけではネタは生まれず、高品質な記事を執筆するには、情報の引き出しが少ない限りしっかり情報をインプットするほかありません。これは僕の持論。

 

話が少しズレましたけど、今回は記事のネタが切れる原因を、更に深堀りして解説していきます。

またインプットに必要な情報収集先をご紹介していくうえで、「どのように正しくインプットしていくのか?」というのも分かりやすく解説していきます。

 

ブログ運営で致命的な問題である「ネタ切れ」は、圧倒的解消法で吹っ飛ばしていきましょう。

 

ブログ記事のネタ切れ原因となる3大要因

alt=ブログ記事のネタ切れ原因となる3大問題

冒頭でも軽くお話している内容を、さらに追求して解説していきます。

 

インプット情報不足ではネタ切れになるのが必然

僕は現在ブログを2サイト運営していますけど、両方ともに言わば「特化型ブログ」です。

1つ目のブログを運営中では、記事のネタ切れにぶつかることなんて日常茶飯事・・・。「ブログを更新しなさい!」と、もう一人の自分から迫られ焦りながら運営していた時期もありました(笑)

SHIN
ネタがない・・・。どうしよう!?

 

特化ブログである以上、自分の中で専門的な情報知識ネタの引き出しがなければ、無論しっかりとした記事は書けませんよね。

雑記ブログであってもしかり。読者の情報欲求に限りなく応える記事を書くには、あらゆる情報を網羅していく必要があるので、情報をインプットする作業は絶対必要になります。

 

記事のネタ切れになるポイント①

ブログテーマ(ジャンル)に対して、情報の引き出しが少ない(もしくは無い)状態で、記事のネタになる情報を収集しないためにネタ切れを起こす。

 

情報のインプット先を知らない

ブログの記事ネタになる情報の引き出しが少ない・・。じゃあネタになる情報を収集しなきゃ!となりますよね。

SHIN
でも、いったいどこで情報を収集すればいいの!?

問題がココです。

 

記事のネタとなる情報を「どこで入手するのか?」という壁にぶち当たります。

情報を集める方法は後述で詳しく解説していきますけど、ブログテーマに関連した情報やキーワードを収集するという作業は、知らないと当然思うように進みませんよね。

 

記事のネタ切れになるポイント②

記事のネタになる情報源(入手先)を知らないため、記事が書けなくなってしまう。

 

記事ネタ情報の検索方法を知らない

ひとつ前の要因と類似した部分がありますけど、情報源になる収集先での「記事ネタの集め方」が問題のひとつです。

 

情報の宝庫先を知っても、そこでネタとなる情報の引き出し方を知らないと、記事ネタにならない情報ばかりに目移りして、肝心なネタとしてなり得ない情報ばかり入手してしまうことがあります。

この問題を避けるためにも、情報入手先での「ネタの探し方」を知っておくことが非常にポイントです。

 

記事のネタ切れになるポイント③

情報入手先で、記事のネタになる情報のみを入手していく「情報の断捨離」ができていない。

 

以上3点が記事ネタに困ってしまう大きな要因です。

これらを解消させるために次のセクションで対策していきますので、ぜひ参考に読み進めてみてください。

 

記事ネタを収集できる情報源はどこなのか?

alt=記事ネタを収集できる情報源はどこなのか?

記事ネタに困る最大の要因は、間違いなく「情報量の乏しさ」です。

そこで、その情報を"どこで"入手するのかというポイントが非常に重要で、インプット先を知らないと、自分の引き出しから情報を捻出する以外に手段がなくなるからです。

 

ですので、記事ネタを探すにふさわしい厳選した情報源をお伝えしていきます。

ここで紹介する記事ネタ収集先を網羅すれば、まずネタに困ることはありません。断言します。僕はリアルタイムで利用していて、ネタに困ったことはないです。

ぜひ活用して、ネタ切れを圧倒的に解消してください。

 

Googleキーワードプランナー

キーワードプランナーで出来ること

特定のキーワードから関連するサジェストキーワードを表示。

サジェストキーワードごとに月間検索ボリュームを表示。

ブログを運営していれば、Googleキーワードプランナーは利用している方は多いと思います。

このGoogleキーワードプランナーは、記事ネタである1語(ビッグキーワード)を入力検索すると、このワードに関連するキーワード(サジェスト)を、2語、3語と表示してくれます。

alt=キーワードプランナー検索

サジェストキーワードをズラーっと表示してくれる上、その需要(検索ボリューム)も表示してくれるツール。需要がなく、検索されないキーワードを選定することがないので、安心してネタを選べます。

 

また、記事のネタになるサジェストキーワードを、その競合性を考慮しながら選ぶこともできるので、ネタを選ぶ指標のひとつになりますよね。

Googleキーワードプランナー

 

関連キーワード取得ツール

この「関連キーワード取得ツール」は、無料で利用できるうえ非常に優秀なツールです。

関連キーワード取得ツールで出来ること

月間検索数10件以下のサジェストキーワードも表示できる。

Yahoo!知恵袋、教えて!goo内での質問リストを表示してくれる。

ネタ元のキーワードに関連する中古ドメインを表示。

タイトルにキーワードを含む検索結果上位10サイトを調査できる。

おまけとして文字数カウントツールもあり。

 

このツールの特徴は、記事ネタとなるサジェストリストがとにかく「ハンパなく」多いです。また検索エンジンはGoogleなので、一番参考となるリストです。

alt=関連キーワードツール

記事ネタを選ぶ注意点

記事のネタになるサジェスト一覧数は、かなりの数を表示しますけど、検索ボリュームは必ず確認しましょう。ネタは多いものの、需要の少ないキーワードではアクセスが見込めませんから。

 

また実際に悩みや問題を抱えたユーザーの生の声「Yahoo!知恵袋」「教えて!goo」も、表示してくれます。ここにもたくさんの記事ネタが眠っているので、参考にしたいところです。

alt=関連キーワードツール Yahoo!知恵袋alt=関連キーワードツール 教えて!goo

関連キーワード取得ツール

 

Good Keyword

Good Keywordで出来ること

Google/Bingを中心に、ショッピングサイト(Amazon、楽天市場)からもサジェストを表示。

各サジェスト別に検索結果ページをgoogle/Yahoo!/Bingで表示できる。

 

Good Keywordは、主にGoogleやBingでのWeb検索結果を表示してくれることと、大手ショッピングサイト「Amazon」「楽天市場」からも関連商品を抜粋表示してくれます。

alt=Good Keyword

特にショッピングサイトのサジェストは、商品名を表示するため、広告検索でも使える優れものです。

Good Keyword

 

Googleトレンド

Goodトレンドで出来ること

Google検索エンジン上で、検索されているキーワードのトレンドが分かる。

トレンドグラフでは、最長15年もの過去まで遡って需要を見ることができる。

キーワードやサジェストキーワードの検索ボリュームが分かる。

指定するキーワードの「トピック」「急上昇ワード」を定期で配信してくれる。

このGoogleトレンドはネタ集めとしても活用できますけど、最も優れているのは「ネタのクオリティーを調べる」ことに特化していることですね。

 

alt=googleトレンド グラフ

SHIN
月間単位で検索数が100未満でも表示してくれます。

長期間のトレンドをグラフ・数値化してくれるので、まさにキーワードの旬を調べられます。

 

alt=Googleトレンド 関連キーワード

もちろんこのように、関連キーワードを表示するサービスもありますし、更に右側にはキーワードに対するトレンド評価も表示してくれます。

生きたキーワードを選ぶには、非常に参考となるサービスです。

Googleトレンド

 

Googleアラート

Googleアラートは、ネタ集めには非常に有効です。

Googleアラートで出来ること

指定するキーワードに関連するトピックや記事を、定時で配信してくれる。

 

例えば「WordPress」というキーワードを設定すると、Web上やSNSなどでこのWordPressに関連するトピックや記事がインデックスされると、その情報をメールで配信してくれるという優秀なサービスです。

alt=googleアラート トピック

alt=googleアラート トピック1

 

配信サービスの受信は、受け取る時間・毎日or週間で設定が可能。

alt=googleアラート 受信設定

SHIN
僕も絶賛利用中。非常に便利なので活用してみて下さいね♪

Googleアラート

 

Yahoo!知恵袋

Yahoo!知恵袋で出来ること

指定キーワードに関連する質問と回答トピックを一覧で確認できる。

「表示順序」により、キーワードの需要性や関心度が分かる。

閲覧数・回答数をランキングでチェックできる。

 

一度は訪問されたことがあるかと思いますけど、総合的な悩み相談解決サイトでは最大手ですね。

Yahoo!知恵袋を利用するユーザーから、生の悩みや相談が書き込まれており、更には専門家や一般ユーザーからの回答も記載されています。

alt=Yahoo!知恵袋 質問

alt=Yahoo!知恵袋 回答

 

Yahoo!知恵袋は大手サイトですので、トピックの量もハンパなく多いです(笑)

指定するキーワードで検索し、検索対象にある件数で需要度をチェックし、検索順序で閲覧数の多いトピックをネタにするといった活用方法がおすすめ。

Yahoo!知恵袋

 

教えて!goo

「教えて!goo」は、Yahoo!知恵袋と同じ悩み解決系サイトです。

案件数で言えば、圧倒的にYahoo!知恵袋の方が多いものの、Yahoo!知恵袋には無いトピックがあることで、こちらも活用しない手はないです。

 

お宝をネタ探すのは簡単では無いですし、ニッチなニーズとマッチングするネタが眠っているケースもあるので、ぜひ活用しておきたいサイトです。

教えて!goo

 

番外編

さて、ここからは番外としてネタ集めに有効な手段をご紹介します。

記事のネタには、あらゆる場所や手段でアンテナを張り巡らせることが非常に大切。そこで、僕が実践しているうちの2つを紹介していきます。

 

読書

言わずと知れたネタの宝庫ですね。

ちなみに「ネタ」と言うのは、イコール「キーワードないしサジェストキーワード」という認識があるので、書籍にいたっては膨大なキーワードを盛り込んだテキストになっていますよね。

つまり、1冊の書籍の中に数万クラスの「ネタ」があると言っても過言ではなく、その中からキーワードを厳選して拾捨(しゅしゃ)していくという活用方法があります。

 

なので、ネタ自体は1ページだけでもかなり拾えるはずなんですよね。

更には「言葉の引き出しが増える」という大きなメリットもあり、ライターとしてのスキルが上がる効果も期待できます。

 

ただ読書となると、集中して没頭できる時間が必要になるので、一日の中で「読書時間」をきちんと設けないといけませんけどね。

読書は必須です。

 

サイト閲覧

こちらも読書と類似していますけど、やっぱり必要で有効です。

僕は、主に競合するページやサイトをくまなく読んでいます。もちろんネタ探しであっても有効ですし、言葉のニュアンスや伝わり方、伝え方など「文法」的なスキルも磨けます。

 

またニュースサイトはおすすめです。

指定するキーワードによるトピックだけを表示してくれるアプリや、関連するトピックを検索できるサイトはたくさんありますよね。

僕は現在大手Yahoo!ニュースをはじめ、4つのニュースサイトやアプリを利用しています。

 

まとめ

ブログ記事のネタ切れ要因と対策についての解説でした。

記事のネタがない!が続くとブログの更新が遅れますよね。ここでとどまればいいのですけど、この問題がしばらく続くとモチベーションが大きく低下していきます。

ひどくなると「辞めてしまおうか・・」となる原因にも。

 

僕は原因が違いますけど、辞めそうになった時期があったものの、目標到達地点は常に頭から離れなかったので、ブログを辞めるという選択肢は「ゼロ」でした(笑)

 

話がズレましたけど、記事ネタに困る原因と向き合って、僕がご紹介した記事ネタ集めに有効な手段やサイトを、ぜひ参考に活用おしてもらえたら嬉しいです。

ガンガン記事を更新していきましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
SHIN

SHIN

WordPressテーマ研究家のSHINです。WPテーマとコーヒーをこよなく愛し、日々マウスをカチカチ!キーボードをパチパチ!しながら研究をしている人。

-ノウハウ情報
-

Copyright© WordPress theme NAVI , 2019 All Rights Reserved.